banner

banner banner banner

冠婚葬祭の意味とそれにまつわる職業について

banner 冠婚葬祭という言葉はよく耳にしますが、この言葉には4つの意味があります。
まずは、「冠」ですが明治・大正時代までの封建主義の時代に15歳を迎えると祝いの品がやりとりされていたことから成人式を指します。
「婚」は結婚式のことでこれを祝うものからの贈り物や祝い金を提供するという意味があり「葬」は葬式のことで遺体の納骨から葬儀・火葬・納骨などを行います。
最後の「祭」ですが法事やお盆で先祖の霊をまつる事全般をいいます。
さて、この冠婚葬祭にまつわる職業ですが多種にのぼります。
「冠」ですと神職・理容師・美容師「婚」はブライダルコーディネーター・メイクアップアーティスト・牧師があてはまります。
「葬」ですと葬祭ディレクター・僧侶「祭」は僧侶・住職です。
人は生まれて成長すると祝いを受け、結婚をする人であれば式を行うかもしれませんし結婚をしない人でも式には呼ばれることはあります。
また人はいつか必ず死にますし、子孫がいるのであれば供養をしてくれます。
人が存在する限り冠婚葬祭の職業はなくならないので、くいっぱぐれのない職業と言えると思います。

MG石材による永代供養は後継者が居なくても安心できます

関西地域でお墓を探すのに便利な検索サイトを見つけました!

冠婚葬祭 職業一覧

banner 冠婚葬祭は、生きていくうえできってもきれないものです。
先日、父と叔母が60歳を迎えたので親族

冠婚葬祭にかかせない職業のひとつお坊さん

banner 冠婚葬祭は、職業としては需要の多いジャンルに分類されるのでしょう。
常に人手不足が叫ばれている

冠婚葬祭にまつわる職業

banner 冠婚葬祭に関わる職業のひとつに、葬祭ディレクターという職業があります。
葬祭ディレクターという

冠婚葬祭に関わる職業

Copyright(c) 2011 冠婚葬祭 職業 All Rights Reserved.